shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

三木孝浩 ベストセラー小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』映画化決定!

三木孝浩監督によるベストセラー小説『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』の映画化が決定した。

同作は、2014年8月に文庫書き下ろしで刊行され、2015年12月時点で60万部を突破した、七月隆文さんの同名小説を実写映画化。
20歳の男女による淡い恋物語、そして明かされる切ない真実が溶け合い、感涙必至となる本作を、『僕等がいた 前後篇』『ホットロード』『アオハライド』等、多くの恋愛青春映画を手掛けた、監督・三木孝浩×脚本・吉田智子さんコンビがふたたびタッグを組み、物語の舞台である京都の風光明媚な景色の中で、20歳のかけがえのない一瞬一瞬をみずみずしく映し出す。

同作の監督を務めるにあたり三木は、「誰しも恋をした瞬間、時の流れは変化する。この世界が二人だけのものになる。刹那であり、永遠にもなる、その不思議な感覚。この映画はそんな“時”を描くラブストーリーです。ファンタジーという非日常を描くことで写し鏡にして見えてくる日常のささやかな幸せを 好きな人と同じ時を重ねる日々の愛おしさを 大切に、大切に、描きたいと思います。」とコメントを寄せた。

三木孝浩監督作品・映画『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』は、2016年12月全国東宝系にてロードショー!
ぜひご期待ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top