shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 映画「来る」製作報告会!

小松菜奈出演映画「来る」の製作報告会が都内で行われ、岡田准一さん、黒木華さん、妻夫木聡さん、柴田理恵さん、そして企画・プロデュースの川村元気さんと共に小松が出席した。

原作は、「第22回日本ホラー大賞」にて宮部みゆきらが大絶賛した、第22回日本ホラー小説大賞受賞作「ぼぎわんが、来る」(澤村伊智/角川ホラー文庫刊)。“あれ”に狙われた人々の心の闇を描く、かつてない“最恐エンターテインメント”となっている。

オカルトライター・野崎和浩(岡田准一)のもとに相談者・田原秀樹(妻夫木聡)が訪れた。最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な出来事が相次いで起きていると言う。田原は、妻・香奈(黒木華)と幼い一人娘・知紗に危害が及ぶことを恐れていた。野崎は、霊媒師の血をひくキャバ嬢・比嘉真琴(小松菜奈)とともに調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超えて強力なモノだった。民俗学者・津田大吾(青木崇高)によると、その「何か」とは、田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」ではないかと言う。対抗策を探す野崎と真琴。そして記憶を辿る田原…幼き日。「お山」と呼ばれる深い森。片足だけ遺された赤い子供靴。名を思い出せない少女。誰かがささやく声。その声の主…・そ・う・か!・あ・れ・の・正・体・は、・あ・い・つ・だ!
決して「■■■■」の名を呼んではならない。「■■■■」は、声と形を真似て、人の心の闇に・・・来る!!!
どんどんエスカレートする霊的攻撃に、死傷者が続出。真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子(松たか子)の呼びかけで、日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の「祓いの儀式」が始まろうとしていた。彼らは、あれを止めることができるのか!?

同作の脚本・監督は、その独自の映像センスで日本映画界に新風を巻き起こした天才・中島哲也監督。小松は映画「渇き。」以来4年ぶりの中島組への参加となったが、出演オファーを受けた時の心境を、「「渇き。」の時はオーディションからだったこともあり、今回オファーをいただけるとは1ミリも思っていなくて、驚きというか怖さがありました。あれから自分がどう変わったか、どう変われているかを考えると不安もありましたが、真琴は挑戦してみたい役だったので嬉しかったです。」と話した。

自身が演じた役について、「人生で初めて髪の毛をショートにしてピンクに染め、眉毛も細くして見た目が一気に変わったので朝起きた時に自分にビックリしたことも。全身タトゥーが入っている役柄だったので、朝早く入って4時間位かかりました。真琴の見た目はそういった感じだったのですが、中身は母性があって素直で、でも不器用なところがあるので、そういったところが出せたらと思いながら演じました。」と語った。

主人公・野崎和浩を演じる岡田准一さんとは初共演。撮影現場では岡田さんとある話で盛り上がったそうで、「岡田さんはゆる~い近所のお兄さん(笑)という感じで、変に緊張せずにずっと話していられる方。撮影スタジオは真っ暗で、休憩場所に灯りが1つだけあるようなところだったのですが、そこでひたすら健康とか身体についての話をしました。」と笑顔で振り返った。

映画「来る」は、12/7(金)公開。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top