shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柴咲コウ 岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」レセプションに出席!

柴咲コウが1/8(火)日本橋三越本店で行われた、岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」レセプションに出席した。

日本人の作品としては初めて『ナショナルジオグラフィック』誌の表紙を2度飾った世界的に有名な動物写真家であり、NHK-BSプレミアムで放送中の『岩合光昭の世界ネコ歩き』も大人気の岩合光昭さん。
岩合さんの初映画監督作品で柴咲がヒロインとして出演する映画「ねことじいちゃん」が2/22(金)より公開される。

この度、同作の公開を記念し、映画の撮影中に監督業と並行して岩合監督が撮影した写真約160点で構成した岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」を開催。1/5(土)~富山市民プラザ、1/9(水)~日本橋三越本店を皮切りに全国各地巡回する。

この日は日本橋三越本店での開催を翌日に控え、岩合監督、柴咲、そして劇中に登場する“タマ”こと猫のベーコンがレセプションに出席。
まずは、ベーコンによるくす玉開きが催され、四苦八苦しながらも見事くす玉が割れ“祝 岩合光昭写真展「ねことじいちゃん」”の垂れ幕がお目見えすると、大きな拍手が起こった。

その後、岩合監督、柴咲のトークセッションが行われた。柴咲は、「小さい頃から猫が好きなので、二つ返事でオファーのお返事をさせていただきました。タイトルに“ねこ”が出てくる映画に猫好きとしては絶対出たいですし、ましてや岩合さんの初監督作品。もちろん岩合さんにとってはいろいろなことが初めてのご経験だったと思いますが、岩合さんがカメラマンさんや助監督さんたちの意見に耳を傾け、最善の方法を選択し続けて出来上がっていくのを間近で見て、学びの毎日でした。」とコメント。

さらに、「カメラの前に立つとオンモードになるのですが、猫がいるとどういう顔をして立っていたらいいのだろうかとか、普段のお芝居とはちょっと違う経験をさせていただいた気がします。岩合さんからも“芝居をしないでください”と言われてどうすればいいのかと思っていたのですが、現場の空気感やそこで沸き起こる本音を大切にすればいいのかなと思い、あまり着飾らずにやろうと意識しました。」と撮影時の思いを語った。

岩合監督が、子猫が水を飲むシーンで足を踏み外してしまった子猫を咄嗟にフォローした柴咲の様子を見て“猫のことを本当に愛おしく思っているからの行動だと思った”と語り、「自分の家にも猫がいるので、そういうのは自然に出ます。ハプニングが可愛かったり美しかったりするので、ぜひ使っていただきたいと思っていましたし、人間の動作でNGになってしまうのは極力避けたいと思っていました。」と話した。

また多くの猫が出るシーンの時に、柴咲を始めとする待機チームが率先して猫たちのトイレ掃除をしていたエピソードを岩合監督が話し、「猫はキレイ好きだと思っていますし、こちらの都合で待機してもらっているという思いがあるので少しでも心地良く過ごして欲しい、猫たちもキレイにしたら多少は気も晴れるかなと。」と当時の思いを話すと共に、「本当に今回の撮影は特殊で、カメラの前に立っていてこんなに顔がとろけていていいのかなと思うくらいオンとオフの境い目がありませんでした。でもきっとそれを岩合さんは撮りたいんだろうと感じましたし、普通はメイクをして衣裳を着て本番の掛け声で気合を入れますが、カチンコの音で猫ちゃんたちが逃げちゃいけないからそれもない中でやったり、日常との境い目がない状態でお芝居ができたのはすごく良かったです。ずっと猫セラピーを受けている気分で島暮らしをさせていただきました。どのカットを見ても猫が登場しているような映画って今までないと思いますし、都合で映しているのではなくどのカットでも猫ちゃんが活き活き伸び伸びとしている。それに加えて人間の生活とか豊かさが描かれていて素敵な映画になったのではないかと思います。」と話した。

岩合光昭写真展写真展「ねことじいちゃん」全国各地巡回中。
そして、映画「ねことじいちゃん」は2/22(金)公開。ぜひお楽しみください。

★岩合光昭写真展写真展「ねことじいちゃん」
詳細:http://nekojii-photoexhibition.jp/

★映画「ねことじいちゃん」
2年前に妻に先立たれ、飼い猫のタマと暮らす大吉、70歳。毎朝の日課は愛猫・タマとの散歩、趣味は亡き妻の残した料理レシピノートを完成させること。
島にカフェを開いた若い女性・美智子に料理を教わったり、幼なじみの巌や気心知れた友人たちとのんびり毎日を過ごしたりと幸せな日々を暮らしていた。
しかし、寒さが厳しくなったある日、大吉は突然倒れてしまい、父を心配する息子から「東京で一緒に暮らそう。タマも。」と同居を提案され、大吉は島を離れるのか、残るのかを悩み始めるが、その矢先にタマが姿を消してしまう―
一人と一匹、生まれ育ったこの島で、共に豊かに生きるために下した人生&猫生(にゃんせい)の決断とは…?
公式サイト:http://nekojii-movie.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top