shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

阿部進之介 映画「デイアンドナイト」ロングラン上映 御礼舞台挨拶!

阿部進之介企画・主演映画「デイアンドナイト」のロングラン上映 御礼舞台挨拶が3/23(土)イオンシネマ港北ニュータウンで行われ、藤井道人監督、山田孝之プロデューサーと共に阿部が登壇した。

同作は、山田孝之が一切出演せずに裏方へ徹した初の全面プロデュースに挑戦し、山田とは旧知の仲である阿部進之介が企画・主演を務める完全オリジナル作品。そんな同作が問いかけるテーマは「人間の善と悪」。家族のいのちが奪われ、自らの善悪に翻弄される者たちの物語は、混沌とした現代で強く生きることの厳しさをも描き出す。

上映後に行われた舞台挨拶にて阿部は、「1/26に全国公開しまして、まだこうやって皆さんに劇場で観ていただくことができることを嬉しく思っています。今日は楽しんでいってください。よろしくお願いします。」と挨拶。

来場者は初めて作品を観る方とリピーターが半々だったが、なかには11回観たという方も―。阿部は、「確実に僕より観ています(笑)。完成した後の試写で初めて観て、その後劇場でも観て、3回です。自分が出ているのもあって、あまりたくさん観たくないなという感覚があるんです。」と自身の思いを語った。

1/26の公開時、60館ほどの上映が現在では83館まで拡大しているが、「爆発的大ヒットっていう作品ではないとみんなで話していました。あと、リピートしてくださるとも思っていませんでした。重い作品なので2回も3回も観たくないだろうって(笑)。どこかまで分かりやすく作るかの議論が映画を作る上であって、もちろん分かりやすく作ってはいるのですが、それでも分からなくて観たいと思ってくださる人は観るよと話をしていたのが、まさに今、そうなっているのかなと思ったりしました。」と話した。

この日は、映画公式サイトで募集した質問に答える一幕も。“奈々が「嘘だよロリコン!」という名台詞はどの段階で誕生したのか?”という質問に、「孝之は、“なんでそんなに出てくるの?”って思うくらい台詞が沸いてくるんです。それだけ奈々になっていたんだと思います。脚本開発の時、僕が明石を演じて孝之が奈々を演じていたのですが、その時に孝之が僕に向って“嘘だよロリコン!”って言い、台詞が生まれました。」と明かすとMCから“ふたりのビジュアルで言っていたのを想像すると少し恐い(笑)”とツッコまれ、会場が笑いに包まれた。

同作で企画という立場を経験し、「役者は途中から入ってくる立場なので、準備段階でこんなにもエネルギーを使うんだということを実感しました。役者として役に集中するために知らなくて良いこともあります。でも一度経験しておくと責任感も増しますし、思いを反映できるようになったと思います。みんなで“これを撮りたいんだ”と思って作れたことは今までもなかったので、これからもできたら良いなと思います。」と話した。

そして最後に、「今日初めて来てくださったお客様もたくさんいらっしゃって、「デイアンドナイト」を作った熱がこれからも皆さんに届いていけば良いなと思いました。映画について大切な人と話すきっかけになっていたら嬉しいです。普段、日常生活の会話にはあがらないことだと思いますが、お話ししたりお友達にすすめていただくことで、この映画の生まれた意味があるかなと思います。楽しみ方は人それぞれだと思いますが、2回、3回観ていただけたら嬉しいです。今日は本当にご来場ありがとうございました。」とメッセージを送り、舞台挨拶を締めくくった。

映画「デイアンドナイト」は絶賛公開中!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top