shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

廣瀬智紀 ドラマ「仮面同窓会」出演決定!

廣瀬智紀が6月からスタートするオトナの土ドラ「仮面同窓会」(東海テレビ・フジテレビ系)に出演することが発表された。

同作は、「火の粉」「検察側の罪人」などで知られる、現代ミステリーの名手・雫井脩介氏による同名小説のドラマ化。
高校の同窓会で再会した旧友4人の出来心から始まったいたずらが不可解な殺人事件に発展、それぞれが疑心暗鬼に陥っていくクライムサスペンスだ。

住宅設備機器を扱う営業マンの新谷洋輔(溝端淳平)。
高校卒業後、故郷を離れ、過去に蓋をして生きてきたのには2つの理由があった。
18年前に事故で亡くした兄の記憶。
そして、青春時代に影を落とす忌まわしい一人の教師の記憶。
高校卒業後、過去から逃げるように故郷を飛び出したが、数か月前に、人事異動で再び地元の支社へと戻ることに。
そこで偶然再会した当時憧れのクラスメイト竹中美郷(瀧本美織)に誘われ、気が進まないまま高校の同窓会に参加する。
ほとんど会っていなかった幼馴染の皆川希一(佐野岳)、大見和康(木村了)、片岡八真人(廣瀬)との再会に話は弾んだ。
童心にかえった洋輔を含む4人組は、ノリでかつての体罰教師・樫村貞茂(渡辺裕之)への仕返しを計画。
拉致をしてこらしめ、スッキリしたら解散。イタズラのつもりだった。しかし。
翌日、その教師は、なぜか別の場所で遺体となって発見される。
4人のうち誰かが、現場に戻り、教師を殺したのか。
誰もが否定し、それぞれが疑心暗鬼に陥っていく。
犯人は誰か。動機は何か。
この事件をキッカケに、信じていたものが音を立てて崩れていく。

廣瀬は、片岡八真人を演じる。八真人は、主人公・新谷洋輔と小学校から高校時代までを一緒に過ごした幼馴染で、洋輔にとっては3人の幼馴染のうち最も心が許せる相手。
現在、大学職員として学生課で学生の相談に乗っており、美男子に加え真面目な性格で女子からの人気も高い、という役どころ。

原作を読み廣瀬は、「僕はミステリー小説を読むのが大好きで、雫井脩介さん原作の『仮面同窓会』も読ませていただきました。とにかく早く先が読みたくなるような内容でしたし、それぞれの登場人物がいったい何を考えているのだろう? と思わせるスリリングさもとても好きでした。」とコメント。

自身が演じる片岡八真人について、「表面的にはとても穏やかで、友だち思いの誠実な人という印象があります。ただ、ドラマのタイトルにもあるように、人は誰しも自分を守るために“仮面”を被っていて、その仮面が八真人にとってどの部分なのか……。ストーリー的にも繊細な役だと思います。」と話した。

さらに、「回を追うごとに続きが気になっていくドラマだと思います。片岡八真人は僕がいつかこういう性格の人を演じてみたいと思っていた、“まさに!”の役です。誠心誠意、一生懸命に役を生きたいと思いますので、八真人の仮面はどの部分にあるのか?そして登場人物の行方を一話、一話、楽しみに観ていただけると嬉しいです。」とPRした。

オトナの土ドラ「仮面同窓会」は、6/1(土)より東海テレビ・フジテレビ系にて毎週土曜23:40~放送。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top