shadow

prev

next

ニュースNEWS

EVENT

HONG¥O.JP LAST ALBUM『Highlight』リリース記念イベントファイナル!

HONG\O.JPが4月14日(日)HMVエソラ池袋にて、HONG¥O.JP LAST ALBUM『Highlight』リリース記念イベントを行った。ファイナルのこの日はトークイベントとなっており、抹a.k.a.ナンブヒトシさんをお迎えして、“HONG¥O.JPによる楽曲コメンタリー”というテーマでトークを繰り広げた。

HONG¥.JPは、TOMA、RYUTOからなる高校生2MCのHIPHOPグループ。2018年7月、副業ブームのご時世に音楽を本業とするために立ち上がり、決意を込めた1stシングル「Just Do It」をSpotify限定で配信リリース。11月23日 勤労感謝の日に1stEP『Good Job』を配信リリース。4月10日にラストアルバム『Highlight』をリリースし、4月21日渋谷HARLEMでのラストライブをもって解散となる。

LAST ALBUM『Highlight』は、前身グループMAGiC BOYZ(通称:マジボ)の結成(2015年)から約4年半、13〜17歳をラッパーとして過ごし、成長してきたTOMA・RYUTO 2人の集大成となるラストアルバムとなり、初めて海外のプロデューサーLeJKeysと楽曲制作した「Just Do It」「SUPER BANANA」を含む、昨年11月配信されたEP収録の5曲に、新曲6曲を加えた全11曲を収録。

拍手で迎えられ登場すると、「みなさんこんにちは。HONG¥O.JPです。よろしくお願いします!今日はアルバムの曲解説トークショーということでお集まりいただきありがとうございます。」と挨拶。

まずはアルバムの1曲目の『SWITCH』という曲はどういう流れで作ったのかについて、
TOMA「Nagomu Tamakiさんからトラックがいくつか届いていて、その中にこの曲が入っていて聴いたときに、すごくいいなと思ってそこから始まりました。」
RYUTO「アルバムを作ろう!となった時、悲しい曲はあってもいいと思うけど、やっぱり楽しい曲を1発目で作って、ライブでもできるようにしたいなと思いました。今までHONG¥O.JPの曲は、EP(1st EP『Good Job』)を出す時点でラップをしっかりやるという部分が強かったんですけど、『SWITCH』はどちらかというと、マジボがこのあと続いていった感じの曲です。」とコメント。
また、普通だとサビは1人が書いたものが使われることが多い中、この曲のサビは2人がそれぞれ書いてきたものの良いところを組み合わせて作られたというエピソードも話した。

抹a.k.a.ナンブヒトシさんから「マジボの時からラップの先生をさせていただいていたんですけど、『SWITCH』と『high skrrr boyz』のラフを聴いた時に、ラップ書けるじゃん!って思ったんだよね。『high skrrr boyz』ラップ上手すぎるんだよな。」と伝えられると、
RYUTO「最初に書いたのが『SWITCH』で、『high skrrr boyz』はアルバムを作っているちょうど真ん中くらいで、1番ノッている部分というか、自分の感覚がつかめてきて自分の出来ること、出来ないことが分かっているから、上手い感じに書けたんじゃないかなと思いました。」と自信をみせた。

そして4曲目の『SUPER BANANA』と、“opportunity”が元になっている5曲目の『Oppotunina』はTOMAがタイトルを考えたと明かされると驚きにつつまれた。
レコーディングの時のエピソードでは、抹a.k.a.ナンブヒトシさんから「RYUTOは褒めて光線がすごくて、「めっちゃ良かったよ」って言ってほしい顔をしてる(笑)」と暴露される場面も。

8曲目の『Don't forget the love』について、TOMA「恋愛の曲をマジボから書いたことがなくて、誰に向けて書こうかなって悩みがあったんですけど、普通の人が聞いたら普通の恋愛曲かなって思うかもしれないけど、ホーミー(HONG¥O.JPファンの名称)が聞いたらきっと分かっちゃうみたいな感じの曲にしようかなという気持ちで書きました。」と曲に込めた思いを語った。

最後にまもなくラストライブということで、TOMA「これが本当に最後の披露になるので、1つ1つの曲に込めた思いをちゃんとみなさんに伝えられるように、やっていきたいと思います!」、RYUTO「HONG¥O.JPのラストライブになるんですけど、僕とTOMAの集大成です。中1からやってきたことを含めて、みんなに届くようにということと、僕達自身も楽しめたらなと思っています。ぜひ来てください!」と意気込みを伝えイベントを締めくくった。

HONG\O.JPは、4月20日(土) 恵比寿リキッドルーム『餓鬼園祭2019 〜ネバーランドへようこそ〜』に出演。そして4月21日(日) 渋谷HARLEM『HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜』にてラストライブとなる。
2人のラストステージをお見逃しなく!

【HONG¥O.JP 作品情報】
ラストアルバム「Highlight」
発売日:2019年4月10日(水)
品番:ZXRC-2048
価格:2500円(税込)
全曲配信中:https://ssm.lnk.to/highlight


収録内容:
1.SWITCH
Track:Nagomu Tamaki / Lyrics:TOMA,RYUTO
2. high skrrr boyz
Track:Yohji Igarashi / Lyrics:TOMA,RYUTO
3. One Road
Track:Ryo Takahashi / Lyrics:TOMA,RYUTO
4. SUPER BANANA
Produced by LeJKeys / Track:LeJKeys / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
5. Oppotunina feat. 抹a.k.a.ナンブヒトシ
Track:Yohji Igarashi / Lyrics:TOMA,RYUTO, 抹a.k.a.ナンブヒトシ
6. Good Night
Track:Nagomu Tamaki / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
7. All night / RYUTO feat. さなり & Yackle
Track:Yackle / Lyrics:RYUTO,さなり
8. Don't forget the love / TOMA
Track:Sam is Ohm / Lyrics:TOMA
9. Flex Speed
Track:Ryo Takahashi / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
10. Just Do It
Produced by LeJKeys / Track:LeJKeys / Lyrics:TOMA,RYUTO,JOE
11. ourdawn
Track:KM / Lyrics:TOMA,RYUTO

【HONG¥O.JP イベント情報】
■「HONG¥O.JP LAST LIVE 〜今まで本当にありがとう〜」
・日程:2019年4月21日(日)
・会場:渋谷HARLEM (東京都)
・時間:開場14:00/開演15:00
・出演者:HONG¥O.JP、さなり、Yackle
・チケット:オールスタンディング¥4,000(税込)
※入場時ドリンク代別途必要
ラストライブ詳細
http://stardustrecords.jp/?p=6578


■「餓鬼園祭2019 〜ネバーランドへようこそ〜」
・日程:2019年4月20日(土)
・会場:恵比寿リキッドルーム (東京都)
・時間:開場:15時(予定)
・出演者:出演:餓鬼レンジャー / ICE BAHN / あっこゴリラ / 伊藤沙莉 / mc A.T. / Creepy Nuts / Kダブシャイン / コウメ太夫 / THREE1989 / DABO / 鶴亀サウンド / TOC / Cherry Brown / なかむらみなみ / ななめ45° / HONG¥O.JP / LITTLE / LIBRO / lyrical school / LUNA / RYO-Z /and more !!!!

HONG¥O.JP officialHP : http://hongyo.jp/
HONG¥O.JP Twitter : https://twitter.com/HONGYO_JP
HONG¥O.JP Instagram : https://www.instagram.com/hongyo.jp/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top