shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

早見あかり 映画「僕のワンダフル・ジャーニー」大ヒット祈願イベント!

早見あかりが日本語版吹替キャストとして出演する映画「僕のワンダフル・ジャーニー」が、9/13(金)全国公開。公開に先駆け9/12(木)赤城神社にて大ヒット祈願イベントが行われ、早見が出席した。

何度も生まれ変わる犬のベイリーと、運命の再会を果たした飼い主イーサンが紡ぐ極上のラブストーリーが大きな感動を呼び、日本でもスマッシュヒットを飛ばした「僕のワンダフル・ライフ」(2017)から2年。待望の続編「僕のワンダフル・ジャーニー」が、9/13(金)より日本公開される。

前作で、50年で3回も生まれ変わり、最愛の飼い主イーサンとの再会を果たした犬のベイリー。続編となる同作では、イーサンと彼の妻ハンナ、孫娘のCJと幸せに暮らしている。だが、CJのママのグロリアが、突然CJを連れて出て行ってしまう。夫を事故で亡くしたショックから立ち直れず、イーサンたちともうまくいかなくなったのだ。そんな中、今回の“犬生”も終わりを迎え、イーサンに別れを告げようとしたベイリーは、「CJを守ってほしい」という新たな<使命>を与えられる。少女から大人へと成長するまでの揺れる人生に寄り添うため、再び何度も生まれ変わり、CJの幸せのために奮闘するベイリー。今、失われてしまった家族の絆をつなぐための〈新たな、そして素晴らしい旅〉が始まる──!

早見は、困難な状況も少なくない揺れる人生を、犬のひたむきさに支えられながら少女から大人の女性へと成長していく孫娘CJの声を担当する。

イベントに愛犬のおこめと共に登場した早見は作品について、「ずっと感動しっぱなしでした。可愛さが詰まり過ぎていてどうしようって。私の言葉では言い表せないので、観ていただきたいです。」とコメント。

初挑戦となるアフレコを、「本当に難しかったです。英語と日本語の息の使い方が全く違って、劇中の女優さんを完コピするぞという気持ちで練習していたのですが、自分らしさも出さないといけないし、出し過ぎちゃいけないという絶妙なラインが難しかったです。でも、楽しかったです。」と振り返った。

おこめとのエピソードを披露する一幕では、「出会いが衝撃的でした。おこめという名前の犬をいつか飼いたいって思っていて、この子と出会って、おこめはこの子しかいないと思ってペット不可のマンションからペット可のマンションにすぐ引っ越しました。雷がビビっと落ちてくる感覚を人生で初めて経験しました。」と明かした。

また、死去した愛犬が飼い主に再会するため生まれ変わるという物語にちなみ、MCから「生まれ変わるなら何になりたい?」という質問が飛ぶと、「男の人になりたいです。男性で生きてみたいと思うことが多々あって、サウナ生活とかしたいです(笑)。男性のイメージがありますし、旦那さんがしているので羨ましいなと思います。」と語った。

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」は、9/13(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国ロードショー!
ぜひ劇場でご覧ください。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top