shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

宮世琉弥 映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」特別上映会!

宮世琉弥(M!LK)出演映画「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」の特別上映会が、11月28日(木)池袋HUMAXシネマズにて行われ、監督・共演者らと共に宮世が舞台挨拶に登壇した。

本作は、魅力あふれる俳優陣が紡ぐ春夏秋冬4つの物語をテーマにしたオムニバス映画で、「芦屋で映画を作ろう」という想いから始まった企画。町民による芦屋町映画制作実行委員会が発足され、小道具や大道具作り、見物人の整理や炊き出しなど、多くの町民がボランティアとして制作を手伝い、町の全面協力のもと映画が完成。
4つの物語すべての監督を務めたのは、深作欣二監督、若松孝二監督らが主催する「映像塾」で映像制作を学び、映画『女子カメラ』『風のたより』を手掛けたほか、MVやCMでも幅広く活躍する向井宗敏監督。海辺の町の美しい景色を背景に、日常を優しく切り取った珠玉のオムニバス映画が誕生。

宮世は本作の『ナツヨゾラ』に、主人公の幼馴染み・小杉亘役で出演している。

上映後の舞台挨拶に登壇した宮世は、小杉亘を演じるにあたって気を付けたことや役作りについて、「最初は小杉亘になりきろうと思っていたんですけど、現場に行ったときに監督から「琉弥そのままでいいよ」と仰って頂いて、そこで緊張もほぐれて自分をさらけ出せました。」とコメント。

撮影中のエピソードについて、「初めての映画で1つ1つがすごく刺激的で、僕はもともと野球をやっていたんですが、全然投げれなくなっていて、キャッチボールのシーンはたくさん練習しました。」と振り返った。

お客さんとのじゃんけん大会も行われ、勝利した3名にキャストからプレゼントが贈られる場面もあった。

【「ナツヨゾラ」ストーリー】
芦屋中学校に通う田中ゆみ(齊藤なぎさ)と幼なじみの小杉亘(宮世琉弥)。小杉の母親(岩佐真悠子)が再婚する事になり引っ越す事が決まる小杉。その事をゆみに黙ってた事をきっかけに仲が気まずくなり…。その頃、小学生の間で4日後に願いの叶う大きな花火が上がるという噂が流れていた。
(敬称略)

【「夏の夜空と秋の夕日と冬の朝と春の風」公式サイト】
http://4music4story.com/
  • はてなブックマーク

pagetop

page top