shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「サヨナラまでの30分」公開記念舞台挨拶!

北村匠海W主演映画「サヨナラまでの30分」が1/24(金)公開初日を迎え、翌25日(土)TOHOシネマズ 日比谷で行われた舞台挨拶に北村が登壇した。

同作は、『君と100回目の恋』、「凪のお暇」の大島里美が脚本を担当し、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎が監督を務めた完全オリジナル映画。
1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキと、人と関わるのが苦手な大学生・窪田颯太を主人公とした青春音楽ラブストーリーを描く。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。
1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太(北村匠海)が現れ、メンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)そしてカナ(久保田紗友)に再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキ(新田真剣佑)だった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく―。

北村は、就職活動中の大学生・窪田颯太を演じている。
人と関わる事が苦手で、趣味はVRゲームとひとりで作曲をすること、という役どころ。

上映後に行なわれた舞台挨拶にて北村は、「たくさんの方に来ていただいて嬉しく思います。すでに撮影期間中に良いものになるとみんなが確信していた作品。やっと皆さんの元に届くと思うと、とても嬉しいです。」とコメント。

お気に入り・思い入れのあるシーンは?と聞かれ、「アキは僕が演じた颯太にしか見えていない存在で、きっとマッケン(新田)は誰とも目が合わないお芝居は心細かったと思います。お互い支え合って撮影をしたので、2人のシーンは思い出深いです。自転車のシーンとか、家でのシーンとか。家のシーンはアドリブが結構あって、2人で会話しているのがそのまま映っていたりしてお気に入りです。」と答えた。

この日の舞台挨拶ではタイトルにもある“30”の数字にちなみ、30秒チャレンジ企画も実施。新田さんと北村、久保田さんと葉山さん、上杉さんと清原の3チームに分かれ、『30秒でカセットテープをどれだけ高く積み上げられるか』、『30秒で万歩計の歩行数をどれだけ増やせるか』に挑戦した。お昼の豪華弁当をかけた闘いに真剣勝負のキャスト陣。結果は新田さんと北村のチームが2勝し、見事お昼の『肉づくし弁当』を獲得した2人は満面の笑みを浮かべていた。

そして最後に、「昨日公開され、僕らの元を離れてこの映画が皆さんのものになり、大きくなっていくことを願っています。この映画を通して、音楽や言葉といった人から溢れる感情の力のすごさに気付くことができました。こんなに音楽に助けられるんだ、人の言葉に救ってもらえるんだというメッセージがあると思うので、ぜひ観ていただきたいです。この映画がいつまでも温かく皆さんの心の中に残ってくれたらとても嬉しいです。本日は本当にありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「サヨナラまでの30分」は、現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でご覧ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top