shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

北村匠海 映画「サヨナラまでの30分」公開御礼舞台挨拶イベント!

北村匠海W主演映画「サヨナラまでの30分」の公開御礼舞台挨拶イベントが2/1(土)TOHOシネマズ 日比谷で行われ、新田真剣佑さん、萩原健太郎監督と共に北村が登壇した。

同作は、『君と100回目の恋』、「凪のお暇」の大島里美が脚本を担当し、『東京喰種 トーキョーグール』の萩原健太郎が監督を務めた完全オリジナル映画。1年前に死んでしまったバンドボーカルのアキと、人と関わるのが苦手な大学生・窪田颯太を主人公とした青春音楽ラブストーリーを描く。
公開後、SNS上でも「涙が止まらなかった。」「この作品に出合えて良かった」「ライブシーンが見どころ」など絶賛の声が多数。ぴあ映画初日満足度ランキングで堂々の1位に輝くなど、。

メジャーデビューを目前に解散したバンド「ECHOLL」。1年後のある日、突然見知らぬ大学生・颯太(北村匠海)が現れ、メンバーのヤマケン(葉山奨之)、重田(上杉柊平)、森(清原翔)そしてカナ(久保田紗友)に再結成を迫る。
――実は颯太の中身は、1年前に死んだボーカルのアキ(新田真剣佑)だった!
偶然拾ったアキのカセットテープを颯太が再生する30分だけ、2人は入れ替わり、1つの体を共有していく。
人づきあいが苦手な颯太と、「俺にこじ開けられない扉はない」が口癖のポジティブなアキ。
ひとりで音楽を作っていた颯太も、次第にアキや仲間と音楽を奏でる楽しさを知り打ち解けていくが、「ECHOLL」を去ったアキの恋人・カナだけは戻ってこない。
カナに再び音楽を始めてもらうため、最高の1曲を作り上げようとする2人。
一方カセットテープに異変がおき、アキと颯太の入れ替われる時間は短くなっていく―。

北村は、就職活動中の大学生・窪田颯太を演じている。

上映前に行われた舞台挨拶にて北村は、「たくさんの方から温かく嬉しい言葉をいただいています。今日という日が迎えられてとても嬉しいです。最後まで楽しんでください。よろしくお願いします。」と挨拶。

公開から1週間が経ち、新田さんと萩原監督が“周りの人から映画を観て3回泣いたとよく聞く”と発言したことを受け、「僕は4回泣きました(笑)。観てくださった方のコメントを観ていると、正直ニヤニヤします。僕の母親はエゴサーチ力が高くて“こんな記事があがっていたよ”とか都度送ってくるんです。この映画の考察とか、まとめがあったり、ダークホースだと言われていたり。僕たちは作品に対して真摯に向かい合いながら作ってきましたが、さらに深掘りしている方もいらっしゃいました。映画好きな方もコメントしてくださっているのが素直に嬉しいですし、役者冥利につきます。」と笑顔で話した。

さらに、映画を鑑賞した方からの“頭が痛くなるほど泣いた”というコメントが紹介されるとそれに同調し、「僕も自分だけど最後は堪えきれなかったです。音楽の力がすごく強いと思いました。これは自分の感受性を少し疑うのですが、過去にバスの中でレディー・ガガさんの『Poker Face』を聴いて泣いたことがあって。すぐに泣くタイプではあるかもしれないのですが音楽の力もですし、マッケン(新田さん)演じるアキが笑顔でいることが切なかったです。」と話した。

かけがえのない瞬間が詰まっている作品であることから、“最近のかけがえのない瞬間は?”と聞かれ、「サウナ、カレー、サボテンに水をあげるは当たり前になっているので。」と度々話題にしているワードは外すと前置きをしたが、「友達と“明日どうなるか分からない”と話すことがあって、だとしたら自分の好きなことをしていたいと思うと、サウナかな…。カレー食べてサウナに入って、家に帰って植物と会話をする。そういうことがナチュラルで好きです。」と話すと会場から笑いが起こっていた。

同作では、劇中バンド「ECHOL」が演奏する楽曲など6曲のオリジナル楽曲が6組のアーティストによって制作されており、北村をはじめとする「ECHOLL」のバンドメンバーを演じたキャスト陣は歌唱シーンを披露するだけでなく、楽器演奏にも挑戦している。この日は、6曲全てをプロデュースし、自身も楽曲提供を行った同作の音楽プロデューサー・内澤崇仁(androp)からのコメントが紹介された。最後に“またサウナでゆっくりお話を聞かせてください”という言葉で締めくくられた手紙が読み上げられると、「andropさんがやっているサウナのラジオに出演させていただいたんです。サウナに入りながら、水風呂に入りながら、そして外気浴をしている時も録って…仕事ではないようでした(笑)。内澤さんとは長くて、対談をさせていただいたり、僕が出演した映画の劇伴を名義を変えて作ってくださっていたりしています。今回オリジナルの作品で、しかも音楽映画で一緒になれたことはすごく感慨深いことですし、“僕、少しは成長したよ、内澤さん”っていうところもあります。」と思いを語った。

その後、“6曲の中で一番のお気に入りは?”と質問され、「僕は雨のパレードの(福永)浩平君と仲が良いので、僕が『もう二度と』と言わないと浩平君に怒られるかもしれません(笑)。でも本当に『もう二度と』は好きです。浩平君から“今度、匠海がやる映画の曲を書くことになった。ちょっとアキになってくる”と言われてからしばらく連絡がなかったんです。それくらいアキだと思って作ってくれたので、僕も引き締まる思いになりました。高校3年生の時から仲の良い友人と自分が前に立つ映画で一緒にやれていることが感慨深いです。」と話した。

また、撮影前に行われたレコーディングや撮影中の演奏シーンを振り返るトークでは、「役者って自分自身ではなく、監督の指示だったりあらかじめある枠の中で自分の個性を出していくものだと思います。小さい頃から役者をやっているので、ディレクションがあったほうがやりやすかったりするので、役作りは大変でしたが楽曲に助けられた部分があって、聴くだけで情景が浮かんで、そこに自分を乗せていく感じでした。音楽を先に録って、その前に打った点を芝居で繋げていくのがとても面白かったです。」と振り返った。

そして最後に、「この作品がたくさんの方にじわじわと届き、ありがたいお言葉をいただけて、役者、そして音楽を続けてきて良かったと思いました。自分の中でこの2つしかないんだと思って続けてきたものが1つになった作品。もっと届いてくれたらいいなという思いと、僕自身もこの作品に救われたので、僕たちが込めた熱い思いを受け取っていただけたら嬉しいです。今日ははありがとうございました。」とメッセージを送った。

映画「サヨナラまでの30分」は、現在大ヒット公開中。
ぜひ劇場でお楽しみください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top