shadow

prev

next

ニュースNEWS

STAGE

川久保拓司 舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~」製作発表会!

川久保拓司出演舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~」の製作発表会が、2/22(土)都内にて行われた。

日本国内では『真夜中のパーティー』の名で知られる同作は、1968年にオフ・ブロードウェイで初演され、1000回を超える公演を重ねた傑作会話劇。ゲイの友人たちによる一夜の誕生パーティーでの出来事を通して、 LGBTの人々を取り巻く社会の現実や、それぞれのアイデンティティ、愛憎などを真正面から描いており、演劇界のみならず社会にも大変な
衝撃を与えた。初演から50周年を迎えて行われた昨年のブロードウェイでのリバイバル上演ではハリウッドスターなどの豪華キャストで話題沸騰となり、昨年のトニー賞で演劇リバイバル作品賞を受賞。日本でも83年から幾度となく上演されてきた、LGBTを正面から扱ったこの傑作舞台を、新たな訳と白井晃さんによる新演出で上演する。

真面目な数学教師のハンク役を演じる川久保は、「白井さん演出のもと、この豪華メンバーでやらせていただけることにワクワクしております。オリンピックより熱い空間を皆さんにも楽しんでいただけるように頑張ります。」とコメント。

同作の内容にちなんで、男に惚れたエピソードを問われると、「(主演を務める)安田顕さんに惚れたエピソードがあります。舞台を数回ご一緒させていただいたことがありまして、本当にストイックで、舞台に対する準備、トレーニング、台詞の入り方もズバ抜けて素晴らしくて見習わなくちゃと思っているのですが、お酒が入ると本当にだらしなくてどうしようもないなと…思わせてくれる隙を作ってくれて、こんな先輩になりたいなと思っております。」と話し、笑いを誘った。

舞台「ボーイズ・イン・ザ・バンド~真夜中のパーティー~」は、2020/7/18(土)~28(火)のBunkamura シアターコクーンを皮切りに、仙台、札幌、大阪にて上演。さらに8/27(木)~8/30(日)には、なかのZERO大ホールにて東京凱旋公演も行う。
ぜひご期待ください。


【STORY】
真夏のニューヨーク。アッパー・イーストサイドにあるマイケルのアパートでは、ゲイ仲間のハロルドの誕生日を祝う準備が進められていた。次第に仲間たちが集まりパーティーが始まろうとしている時、マイケルの大学時代の友人、アランがやってくる。唯一のストレートであるアランの存在はマイケルたちの感情に変化をもたらし、雰囲気が徐々に険悪になりつつある中、パーティーの主役であるハロルドが現れる。パーティーは更に荒れ、マイケルは強引に「告白ゲーム」を始める。それは、心から愛している、または愛していたと思う相手に電話をかけ、直接「愛している」と告げると言うものだった。これをきっかけに、それぞれの過去や本音が暴露されていく。

果たして、それぞれは誰に電話をかけ、どんな告白をするのか。そして、マイケルにゲイであることを隠していると責められるアランは一体誰に告白の電話をかけるのか。
やがてパーティーの宴が終わったあと、男たちはどこへ向かうのか……。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top