shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

小松菜奈 「第43回日本アカデミー賞」授賞式に出席!

小松菜奈が、第43回日本アカデミー賞・優秀助演女優賞を受賞し、3/6(金)に行われた授賞式に出席した。

日本アカデミー賞は1978年(昭和53年)から毎年催されている日本の映画賞で、日本の映画芸術、技術、科学の向上発展のため設けられた。第43回目を迎える今回は、2018/12/16~2019/12/15までに東京都内で公開された映画が選考の対象で、賞の選出は、日本アカデミー賞協会会員の投票によって行われる。

今回小松は、映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」(2019年11月公開)での由紀役の演技を受けて賞が贈られた。

授賞式にて小松は、スタントマンなしで屋上から飛び降りるシーンに挑戦したことに触れ、「最初は“ポン”と飛ぶだけだからと聞いていたのですが、現場に行ったら相当高くて。練習で飛んだ時に自分が高所恐怖症だったことを思い出して、これは本当のやつだと思いました。」とコメント。また共演の笑福亭鶴瓶さんから、自身の撮影が終わった後もスタッフさんの手伝いとしていたというエピソードが披露され、笑顔を浮かべていた。

映画「閉鎖病棟-それぞれの朝-」Blu-ray&DVDは、5/13(水)発売!
ぜひご覧ください!
  • はてなブックマーク

pagetop

page top