shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

松雪泰子 映画「甘いお酒でうがい」新公開日決定!

松雪泰子主演映画「甘いお酒でうがい」の新公開日が9/25(金)に決定した。

原作は、2014年に第7回キングオブコントで王者に輝いたお笑い芸人・シソンヌじろうさんが、ネタの中で長年演じてきた代表的キャラクターである“川嶋佳子”がもし日記を書いたら・・・と執筆された同名小説「甘いお酒でうがい」。
じろうさんが同作の脚本も手掛けており、「自分の中の女性が勝手に書いている」と公言するほど、日記の中のエピソードは女性が共感するものばかりで、その中から、同作のメガホンをとる大九明子監督とじろうさんが選りすぐったエピソードが映像化される。

ベテラン派遣社員として働く40代独身OLの川嶋佳子(松雪)は、毎日日記をつけていた。撤去された自転車との再会を喜んだり、変化を追い求めて逆方向の電車に乗ったり、踏切の向こう側に思いを馳せたり、亡き母の面影を追い求めたり・・・。そんな佳子の一番の幸せは会社の同僚である若林ちゃん(黒木華さん)と過ごす時間。そんな佳子に、ある変化が訪れる。それは、ふた回り年下の岡本くん(清水尋也さん)との恋の始まりだった・・・

新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、当初予定されていた4/10(金)の公開を延期していた同作が、9/25(金)から、ヒューマントラストシネマ渋谷、テアトル新宿ほかにて全国公開されることが決定。新公開日決定を受け松雪は、「私達にとって大切な作品を皆様にお届けできる日がいよいよやってきます。9月25日「甘いお酒でうがい」公開になります。公開に先出ち作品は世界中を旅していました。
・オーストリア・ウィーン「Japannual 日本映画祭」
・台湾・高雄「高雄映画祭」
・ドイツ・フランクフルト「ニッポン・コネクション」
・イタリア・ウディネ「ウディネ・ファーイースト映画祭」
・アメリカ・ニューヨーク「JAPAN CUTS」
で上映され、世界中の方々から温かなコメントを頂いております。とてもクリアーで、優しく温かな気持ちになれる本作。大変な日常が続いていますが、本作で表現されているのは、人の温もり、日常に散りばめられているささやかな喜びや幸せ。人と人との繋り、コミュニケーションの大切さ、愛や友情。
繋がりが分断されつつある今、スクリーンを通して本作に触れる事で、皆様の日常に穏やかな愛がもたらされる事を願います。
ひとときの時間ですが、スクリーンを通して、佳子さんの世界をお届け出来る事を喜びに感じると共に、皆様の日常、全ての人の日常に平穏が訪れる事を切に願います。」とコメントを寄せた。

映画「甘いお酒でうがい」は9/25(金)公開。
ぜひご期待ください!

※今後、政府・各地方自治体から劇場へ休業要請や、不測の状況になった場合は、再度延期の可能性もあります。
  • はてなブックマーク

pagetop

page top