shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

森川葵 『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』出演決定!

森川葵が、2021年公開の『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』に出演することが発表された。

河本ほむら原作、尚村透作画、月刊「ガンガンJOKER」(スクウェア・エニックス刊)で好評連載中の大ヒット漫画「賭ケグルイ」。スピンオフも数多く発表され、シリーズ累計部数は600万部を突破。2018年1月に実写ドラマ化され、手に汗握るゲーム展開、個性的なキャラクターと若手俳優たちの振り切った演技が大きな話題となり、2019年春に「賭ケグルイ season2」としてMBS/TBSドラマイズム枠で放送され、さらに、2019年5月には完全オリジナルストーリーによる『映画 賭ケグルイ』が全国ロードショーされ、大ヒットを記録した。そしてこの度、劇場版第2弾となる『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』の製作が決定した。

『賭ケグルイ』の舞台となるのは、政財界の有力者の子女が多数通う私立百花王(ひゃっかおう)学園。ここで生徒たちの階級を決定するものは、ギャンブルの強さ。勝ったものは支配する側に立ち、敗れたものは家畜となる。ある日、この学園に転校してきた謎多き少女、蛇喰夢子(じゃばみ・ゆめこ)。一見すると清楚な美少女だが、彼女は、リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”だった―。学園を支配する生徒会は、夢子を危険な存在と判断し、百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちを送りこむ。前作『映画 賭ケグルイ』では、並外れた勝負強さで学園を揺るがし始めた夢子を追い落とすため、生徒会は全校生徒強制参加の生徒代表指名選挙を開催。反生徒会組織ヴィレッジも巻き込み、学園をあげてのギャンブルバトルが繰り広げられたが、夢子の奇策による驚愕の結末を迎えたのであった。
映画化第2弾となる本作は、生徒代表指名選挙を終え、束の間の平穏が戻ったかのように思われた私立百花王学園で、蛇喰夢子を中心とした熾烈なギャンブルバトルが再び巻き起こる完全オリジナルストーリー。シリーズを追う毎に進化を遂げてきた「賭ケグルイ」が今回はどんな展開を見せるのか、早くも期待は高まるばかりだ。

森川は、ドラマ・映画に引き続き、2年華組に君臨する凄腕のギャンブラー・早乙女芽亜里役を続投する。

同作出演に森川は、「沢山の人に「賭ケグルイ」は次いつやるの?と聞かれ続け、ようやく皆さんにご報告ができます!クレイジーに美しく今回も賭け狂いたいと思います!」とコメントを寄せた。

『映画 賭ケグルイPart2(仮題)』は、2021年全国ロードショー!
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top