shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

宮世琉弥 ドラマ「恋する⺟たち」出演決定!

宮世琉弥が、10⽉スタートのTBS ⾦曜ドラマ「恋する⺟たち」(毎週⾦曜よる10:00〜10:54)に出演することが発表された。

原作は恋愛マンガのカリスマ・柴⾨ふみによる同名の⼈気作品、脚本は恋愛ドラマの名⼿・⼤⽯静。数々の名作を⽣み出してきた2⼈がタッグを組み、TBSの⾦曜ドラマにふさわしい極上のラブストーリーを描く。

⽊村佳乃演じる主⼈公の⽯渡杏は、11年前に夫に突然失踪されて以来、不動産屋でパートをしながら⼀⼈息⼦を育て、この春 有名進学⾼校に⼊学させたシングルマザー。共演の吉⽥⽺演じるバリバリのキャリアウーマン・林優⼦と、仲⾥依紗演じるキラキラしたセレブ妻・蒲原まりは、それぞれ杏の息⼦と同じ名⾨校に通う息⼦がいる。
この3⼈の美しい⺟たちの⼼を揺さぶる男性陣には、まりを強引に誘う⼈気落語家・今昔亭丸太郎役に、阿部サダヲ。杏の前に現れる、夫の駆け落ち相⼿の夫・⻫⽊巧役に、⼩泉孝太郎。そして、優⼦と同じ会社で働く優秀なイマドキ部下・⾚坂剛役には、磯村勇⽃が決定している。

宮世は、本日解禁になった3⼈の⺟たちの息⼦の1人、仲演じるまりの息⼦で何不⾃由ない⽣活を送りながらも両親に反抗をくりかえす、蒲原繁秋(かんばら・しげあき)を演じる。

出演にあたり、宮世は、「このたび、蒲原繁秋役を演じさせていただくことになりました、宮世琉弥です。原作も読ませていただいて、本当にこのような作品で演じてみたかったですし、仲⾥依紗さんと家族になれるのが夢かなと思うくらい凄くうれしかったです!息⼦役の他のお2⼈も同い年ですし、撮影が始まるのが楽しみで仕⽅ないです。尊敬する阿部サダヲさんや⼩泉孝太郎さん、磯村勇⽃さんに負けないくらいの⾊気を僕たち息⼦3⼈も出していきたいと思います。⾼校⽣の⾊気で勝負していきます!」と意気込みを語った。

美と演技⼒を兼ね備えた3⼈の⼥優たちが演じる、強くたくましく⼀⽣懸命に⽣き抜く⺟たちの姿、そんな彼⼥たちが、⼼の隙間を埋めてくれる3⼈の魅⼒的な男性と出会うことで、再び⼥性として恋に落ちてしまう瞬間を描くリアルなラブストーリー。
TBS ⾦曜ドラマ「恋する⺟たち」は、10⽉スタート!是非ご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top