shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

萩原護 大河ドラマ「青天を衝け」出演決定!

萩原護が2021年大河ドラマ「青天を衝け」(NHK)に出演することが発表された。

同作は、約500の企業を育て、約600の社会公共事業に関わり、「日本資本主義の父」と称された渋沢栄一を主人公にした作品。晩年は民間外交にも力を注ぎ、ノーベル平和賞の候補に2度選ばれ、新一万円札の顔としても注目されている渋沢。幕末から明治へ、時代の大渦に翻弄され挫折を繰り返しながらも、「緻密な計算」と「人への誠意」を武器に、青天を衝くかのように高い志を持って未来を切り開いた渋沢の姿が描かれる。

萩原は、渋沢家・中の家の作男、伝蔵を演じる。

出演にあたり萩原は、「とてもありがたいです。俳優としての経験がまだ浅く、恐れ多い気持ちがほとんどなのですが、萎縮しないで伝蔵という役をしっかりと演じたいと思います。」とコメント。

自身が演じる役について、「伝蔵は渋沢栄一の弟分で、栄一さんに負けず熱い情熱と志をもった人です。」と話した。

そして最後に、「渋沢栄一の強い人間臭さが、今の時代にこそとても光る作品だと思います。ぜひご覧下さい!」とメッセージを送った。

大河ドラマ「青天を衝け」は2/14(日)より放送開始。
ぜひご覧ください!

■大河ドラマ「青天を衝け」
[NHK 総合]毎週日曜20:00~
[NHK BSプレミアム・BS4K]毎週日曜18:00~
※再放送[総合]毎週土曜13:05~
  • はてなブックマーク

pagetop

page top