shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

桜井ユキ ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」出演決定!

桜井ユキが、3/30(火)放送予定のドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」(カンテレ・フジテレビ系)に出演することが発表された。

同作は、2018年にカンテレ・フジテレビ系で放送した連続ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班」の3年ぶりの続編。謎の無線機が“現在”と“過去”の二人の刑事を繋ぎ、さまざまな未解決事件を解決していくヒューマンサスペンスだ。

物語は、2018年に大山(北村一輝)が死を回避したことで、過去が変ったことを知った健人(坂口健太郎)と美咲(吉瀬美智子)が、大山の入院している病院へ向かうところからはじまる。しかし、そこに大山の姿はなかった。大山の身に一体何が起こったのか。健人と美咲が改めて事件を調べると、大山は中本警視庁管理官(渡部篤郎)殺害の容疑者として指名手配されていた。そして2020年、「20年前に死んだはずの婚約者が、生きているんです」と、カメラマン・武田寿士(古川雄輝)が、未解決班に最愛の恋人・上杉胡桃(桜井ユキ)の捜索願いを出したことを発端に、新たな未解決事件と大山の謎が動き出すー。

桜井は、女優の卵・上杉胡桃を演じる。カメラマンの武田と婚約中の2000年に変死体で発見されるが、20年後にその姿が目撃されるという謎深き存在。

自身の役について桜井は、「胡桃は、私が想像できないほどの苦しみを過去に抱えています。初めて台本を読んだ時は、すんなりと落とし込めなかったのが正直なところです。経験をしたことも無いですし、ただ 漠然と想像しただけでは気持ちも理解できないくらいの過去をもった女性だったので。でも、ある部分ではすごく温かみや希望もあって、ほっとしました。」とコメント。

撮影を振り返り、「全体的にエネルギーが必要なシーンが多かったのですが、撮影初日が現在パート、胡桃が40歳のシーンから始まったので、そこは過去の壮絶な経験を想像して体現していくしかなかったので、よりエネルギーが必要だった部分ではありました。」と話した。

最後に、「ドラマのシグナルとはまた違う世界観の部分、でもやっぱりシグナル!という部分、両方楽しんでいただけたらと思います。私もドラマを見ていた一視聴者として、今回の作品に参加させていただけてとても嬉しかったです。」とメッセージを送った。

ドラマ「シグナル 長期未解決事件捜査班 スペシャル」は、3/30(火)21:30~カンテレ・フジテレビ系にて放送予定。
ぜひご期待ください!

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top