shadow

prev

next

ニュースNEWS

TV

瀧本美織 ドラマスペシャル「殴り愛、炎」出演決定!

瀧本美織が、4/2(金)・4/9(金)2週連続放送のドラマスペシャル「殴り愛、炎」(テレビ朝日)に出演することが発表された。

同作は、鈴木おさむさんが新たに放つ《底なしクレイジー恋愛ドラマ》。
『奪い愛、冬』(2017年)や『奪い愛、夏』(2019年)といったドロキュン劇場シリーズに、『M 愛すべき人がいて』(2020年)――。キュンとする純愛と、ありえないほど壮絶すぎて度肝抜きまくりの修羅場が入り乱れる“唯一無二のクレイジー恋愛ドラマ”の脚本を、次々と手掛けてきた鈴木おさむさん。誰も真似できない超絶世界観で視聴者を骨抜きにしまくってきた彼が、またも強烈な作品を放つ!
嫉妬、誘惑、復讐、裏切り――婚約者を愛し抜く主人公を中心に、いびつな愛の炎に包まれた男女5人の激愛模様を描いた本作は、まさに《底なしクレイジー恋愛ドラマ》。登場人物はとにかく、どいつもこいつも…マジでどうかしている!だから、当然と言えば当然だけど…想像の範囲を軽~く超えた、おかしなことばかり起こる!しかも、一瞬でも目を離したら置いてけぼりを食らうほどの秒速超展開の連続!…と、鈴木おさむワールド全開の吸引力抜群要素が満載だ。

瀧本は、主人公の明田光男(山崎育三郎さん)と婚約しながらも高校時代に想いを寄せていた先輩・緒川信彦(市原隼人)に惹かれていく看護師・豊田秀実を演じる。光男と信彦の間で揺れに揺れまくる秀実。一見、正統派ヒロインに見える彼女だが…実は物語が進むにつれ、いろいろツッコミどころも満載!この“いろんな意味で愛すべきヒロイン”を、「撮影中は今までに言ったことのないようなセリフや、育三郎さんや市原さんのお芝居に刺激を受けると同時に、笑いが止まりませんでした!」という瀧本が、全力で演じる。

出演にあたって瀧本は、「実は私、『奪い愛』シリーズにハマっていたんです。なので、鈴木おさむさんの作品に出られることが決まったときは、“うわ~っ、ありがとうございます!”と。本当にうれしかったです。私は皆さんに比べたら意外と正統派の役で、一見そこまでおかしくならないとはいえ、ヘンなことはいろいろしちゃう役でして…(笑)。撮影中は今までに言ったことのないようなセリフや、山崎育三郎さんや市原隼人さんのお芝居に刺激を受けると同時に、笑いが止まりませんでした!本番でも育三郎さんがセリフの語尾を伸ばしている最中についつい吹き出してしまったり…と、多大なご迷惑をおかけしてしまったんですけど、これはもう仕方ないんですよ(笑)。だって、現実ではありえないことが、この作品の中ではありえちゃうんですから。おかしな人ばっかり出てきますし、そのパワーたるやものスゴいんです!特に印象的だったのは、光男さんと信彦さんの殴り合いのシーンでした。秀実を取り合っているというよりも、お2人が愛し合ってるんじゃないかと思っちゃうくらいの熱量で…(笑)。時折、私のことは忘れられてるんじゃないかなって思うくらいの迫力だったので、ぜひ楽しみにしていただきたいです。今回は、私自身これまであまり縁のなかった“一見おかしい世界観”の中にどっぷりと浸かれたからこそ、逆にリアルな人間の感情をそのまま出せた気がしますし、少し女優としての殻を破れたかもしれません。その一方で、まだまだやり足りない気持ちや、秀実として気が済まない部分もあって…。ぜひ続編を作っていただきたいです。そのときは私も殴りたいです(笑)!これを機に何でも挑戦し、お芝居をもっともっと開拓していきたいと更に刺激を受けた作品になりました。」とコメントを寄せた。

ドラマスペシャル「殴り愛、炎」は、テレビ朝日系にて4/2(金)23:15~24:15、4/9(金)23:15~24:15放送!
ぜひご覧ください。


【『殴り愛、炎』前編(4月2日放送)あらすじ】
この手は人の命を救うためにある――そう心から信じ、一生人は殴らない…と心に誓っていた凄腕心臓外科医・明田光男(山崎育三郎さん)。彼は同じ病院に勤める看護師・豊田秀実(瀧本美織)との結婚式を1カ月後に控え、幸せの絶頂にいた。そんなある日、光男は心臓発作を起こした急患・緒川信彦(市原隼人)の手術を担当。生死の境をさまよう信彦の命を、鮮やかなオペで救う。ところが…。
信彦に、担当看護師として秀実を紹介した瞬間、運命の歯車はあらぬ方向へとめまぐるしく回りだす。なんと、信彦は秀実の高校時代の先輩だったのだ! 秀実が光男と結婚すると聞き、心から祝福する信彦。だが、そのまま何事も起こらないほど、人生は甘くなかった…。なんと、光男に想いを寄せる幼馴染・徳重家子(酒井若菜さん)が、その会話を盗み聞き! さらには味方の顔をして秀実にすり寄り、信彦に告白するもフラれた過去を聞き出すことに成功してしまったのだ!!
この状況を利用し、一気に光男を奪おうと画策した家子は、こっそり信彦に「秀実が光男のDVに悩んでいる」というデマを流したばかりか、焚きつけるように「秀実はまだ信彦のことが好きだ」と吹聴。一方、光男はふと、秀実が信彦のことを好きだったのではないかと勘ぐりはじめ…!
そんな中、退院の日を迎えた信彦は、病室で2人きりになった秀実を思わず抱きしめてしまう。しかもあろうことか、そこへ光男が姿を現し…!?
  • はてなブックマーク

pagetop

page top