shadow

prev

next

ニュースNEWS

MOVIE

柳楽優弥 映画「太陽の子」特報&ティザービジュアル解禁!

柳楽優弥主演映画「太陽の子」の特報&ティザービジュアルが解禁となった。

同作は、”日本の原爆開発”を背景に、時代に翻弄されながらも全力で駆け抜けた若者たちの、等身大の姿を描いた青春群像劇。
太平洋戦争末期に実際に海軍からの密命を受け京都帝国大学・物理学研究室が行っていた「F研究」と呼ばれる新型爆弾開発の事実を基に作られたフィクション作品で、パイロット版と言うべきテレビドラマが2020年にNHKで放送され、大きな反響を呼んだ。

戦況が激化し、最終局面を迎えた 1945年の夏。軍から密命を受けた京都帝国大学・物理学研究室で研究に勤しむ実験好きの若き科学者・石村修(柳楽優弥)と研究員たちは、「今研究しているものが完成すれば、戦争は終わる。世界を変えられる」と、託された国の未来のために情熱的に原子核爆弾の研究開発を進めていた。研究に没頭する日々が続く中、建物疎開で家を失い、修の家に住むことになった幼馴染の朝倉世津(有村架純)。時を同じく、修の弟・裕之(三浦春馬)が戦地から一時帰宅し、3人は久しぶりの再会を喜んだ。3人でのひとときの幸せな時が流れる中、戦地で裕之が負った深い心の傷を垣間見た修と世津。一方で物理学研究の楽しさに魅了されていた修も、その裏側にある破壊の恐ろしさに葛藤を抱えていた。そんな二人を力強く包み込む世津はただ一人、戦争が終わった後の世界を考え始めていた。それぞれの想いを受け止め、自分たちの未来のためと開発を急ぐ修と研究チームだが、運命の8月6日が訪れてしまう。
日本中が絶望に打ちひしがれる中、それでも前を向く修が見出した新たな光とはーー?

柳楽や、極秘任務に携わる科学者・石村修を演じる。

このたび解禁された特報映像には、修、世津、裕之、それぞれの表情が切り取られている。単純に“未知の世界”へのあくなき探求心で研究者として純粋に実験に没頭しながらも、国の運命を左右する極秘任務に向き合い苦悩の表情を浮かべる修、兄弟2人を包み込むような笑顔を見せる一方、「戦争が終わったら仕事する、二人は考えないの?」と力強く話し、誰よりも未来を考えている世津、「俺だけ死なんわけにはいかん」と兵士であることへの葛藤に涙を見せる裕之。3人3様の思いを抱えながらも、「いっぱい未来の話、しよう」と、固く手をつなぎあうとき、彼らが見つめている先にあるものとは―。
また、併せて解禁されたティザービジュアルは、青空・海・白い砂浜の3拍子が揃い、未来を見据えて歩みを進める姿が、まさに“青春グラフィティ”を描き出す一コマ。夏の海で3人が未来を信じ、どのように過ごしたのか、想像が膨らむ1枚だ。

映画「太陽の子」は8/6(金)公開。
ぜひご期待ください!

★特報
https://youtu.be/EuTPjQG6Q8M

(敬称略)
  • はてなブックマーク

pagetop

page top